土砂災害時、自分の役割は? 久慈工業高で初の避難訓練

教職員の指示に従って実習棟から体育館に向かう生徒たち
教職員の指示に従って実習棟から体育館に向かう生徒たち
岩手県立久慈工業高(藤原徳久校長)は25日、土砂災害を想定した避難訓練を同校で初めて実施した。同校付近の高さ10メートル超の裏山が土砂災害特別警戒区域に指定されており、大雨時には土砂が校舎に流れ込む危険性がある。生徒たちは教職員の指示に従っ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録