再発防止へ対策協議 2人死亡の交通事故で現場診断

死亡事故の再発防止に向けて行われた現場診断
死亡事故の再発防止に向けて行われた現場診断
17日夜、八戸市豊洲の臨港道路で乗用車2台が衝突し、3人が死傷した交通事故を受け、八戸警察署(山田正昭署長)は27日、現場診断を行った。署員や交通安全団体の関係者らが現場を視察し、再発防止に向けた対策を協議した。 事故は17日午後10時5分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録