認知症への理解、家族で深めて 八戸で親子向け啓発イベント

県作業療法士会が初めて開催した認知症スタンプラリー。たくさんの親子連れが訪れ、認知症への理解を深めた=19年5月、八戸市(同会提供)
県作業療法士会が初めて開催した認知症スタンプラリー。たくさんの親子連れが訪れ、認知症への理解を深めた=19年5月、八戸市(同会提供)
国の高齢社会白書で2025年には65歳以上の5人に1人がなると推計される認知症。最前線でケアに当たる青森県作業療法士会などは近年、親子連れをターゲットにしたイベントを企画し、高齢者ばかりでなく、若年層の啓発にも力を入れている。「認知症になっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録