【パラ五輪のホストタウン】自治体に多額の負担 かさむ費用、受け入れ断念も

 パラリンピックのホストタウン自治体が抱える課題
 パラリンピックのホストタウン自治体が抱える課題
東京パラリンピックの事前合宿を受け入れるホストタウンで、自治体が新型コロナウイルス対策のために多額の費用負担を迫られるケースが出ている。ホストタウンのコロナ対策費は国費からの負担が原則。しかし、移動や宿泊で障害者への配慮に万全を期すと、規定.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録