Free朝のニュースダイジェスト(5月30日)

【是川縄文館で開講式】
 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館は29日、小中学生が縄文時代の文化などを学ぶ「これかわ考古学クラブ」の開講式を開き、子どもたちが縄文時代の魅力や当時の暮らしに理解を深めた。

 【自転車男子ロードで齊藤が優勝】
 青森県高校総合体育大会は29日、青森市などで陸上、自転車、サッカーなどが行われた。自転車男子ロードレースでは齊藤英伊須(工大一)が優勝。陸上女子棒高跳びは細川稚尋(大湊)が制した。

 【階上岳のツツジ鮮やか】
 三陸復興国立公園の階上岳で、ツツジが咲き誇っている。約2万本が群生する大開平付近では29日、薄紅色や朱色の花が鮮やかに映え、登山客らが美しい景色を堪能した。

 【三村知事が医師らの派遣要望】
 青森県の三村申吾知事は29日、全国知事会のウェブ会議で、新型コロナウイルスワクチンが高齢者以外にも十分に供給されるようになる時期を想定し、医師ら医療従事者を派遣するよう国に要望した。

 【青森県内で25人の新型コロナ感染確認】
 青森県は29日、県内で新たに25人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。保健所管内別では青森市、五所川原各9人、弘前7人。県内の感染者は累計2340人。

お気に入り登録