Freeコロナ終息願い込め 櫛引八幡宮で祈年祭

櫛引八幡宮の祈年祭と疫病退散祈願祭で奉納された権現舞
櫛引八幡宮の祈年祭と疫病退散祈願祭で奉納された権現舞

八戸市の櫛引八幡宮(營田稻太郞(つくたとうたろう)宮司)で26日、春季大祭「祈年祭」と疫病退散祈願祭が行われた。参列者は五穀豊穣ほうじょうや産業、文化の発展に加え、新型コロナウイルスの終息に向け願いを込めた。

 旧暦4月15日に合わせて毎年開催。昨年に引き続き、新型コロナの感染防止のため、神職とみこのみが参列した。

 厳かな雰囲気で神事が行われた後、南部里神楽の権現舞が奉納された。

 終了後、營田宮司は「新型コロナワクチンが完成し、接種も始まり、ようやく希望が持てるようになった。一日も早く安心して元の生活に戻れるように祈念した」と述べた。

お気に入り登録