「苗は三つ、心は一つ」 おおぞら小児童が田植え体験/三沢

熱心に田植えを行う児童
熱心に田植えを行う児童
三沢市立おおぞら小(眞石卓生校長)の4~6年生36人が24日、同市のラムサール条約登録湿地・仏沼の西側にある、農事組合法人フラップあぐり北三沢の水田で田植えを体験し、心を一つに合わせ、もち米「アネコモチ」の苗を植えた。 地域の子どもたちに、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録