強盗続発、偽物ワクチンも確認 首脳自ら民間療法推奨のケースも

 メキシコ税関当局が3月に押収したロシア製ワクチン「スプートニクV」の偽物(メキシコ政府ホームページから、共同)
 メキシコ税関当局が3月に押収したロシア製ワクチン「スプートニクV」の偽物(メキシコ政府ホームページから、共同)
英オックスフォード大などのまとめによると、世界人口の1割が少なくとも1回は新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた。だが、各地でワクチンを巡る狂騒が続いている。中南米やアフリカで供給不足からワクチン強盗や偽物の摘発が続発、闇市場への横流しも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録