日本、真摯にひたむきに/サッカーW杯2次予選

どんな試合も真摯(しんし)に、ひたむきに戦う。今の日本は、森保監督の人間性そのままだ。「隙なく、油断なく、相手に合わせることなく、流されることなく、自分たちがやれることを全力で出す」との監督の思い通りの大勝。格下に緩みを見せず、6戦で1点も.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録