【貨物船とケミカル船衝突】日本三大強潮流の難所 来島海峡通過に独自航法 

 愛媛県今治市沖の現場と来島海峡・南流時の左側航行
 愛媛県今治市沖の現場と来島海峡・南流時の左側航行
27日深夜、貨物船「白虎」とケミカル船が衝突した愛媛県今治市沖の来島海峡は、1日で約500隻が行き交う海上交通の要路である一方、鳴門海峡や関門海峡と並ぶ「日本三大強潮流」として知られる。潮の流れによって船の航路を変更するといった独自の航法が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録