時評(5月28日)

上場企業の今年3月期決算は、新型コロナウイルスの影響を1年間通じて受けたことでほぼ全業種で売上高が減り、利益面では業種による明暗がはっきり分かれた。 SMBC日興証券の集計によると、東京証券取引所第1部企業の純利益は、非製造業でコロナの直撃.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録