【性同一性障害職員逆転敗訴】職場環境重視、我慢求める 

 東京高裁の判決を受け、記者会見する経産省の職員=27日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 東京高裁の判決を受け、記者会見する経産省の職員=27日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
自席から近い女性用トイレを使いたいというトランスジェンダーの経済産業省職員の願いは認められなかった。27日の東京高裁判決は、多くの人が働く職場環境の維持管理を重視。原告職員の特性を見極め、社会の変化も考慮した一審東京地裁判決とは正反対の結論.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録