勾留執行停止中の被告逃走 青森市内の病院から

青森地検は27日、病気の治療で勾留の執行が停止されていた青森市の無職の被告男(61)が、入院先である同市内の病院から逃走したと発表した。被告は4月9日、傷害、恐喝未遂、器物損壊の罪で起訴されていた。県警と連携し、行方を捜している。 被告は2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録