【西目屋村官製談合】元村長に懲役3年求刑

西目屋村の官製談合事件で官製談合防止法違反や収賄、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた元村長の関和典被告(54)の論告求刑公判が27日、青森地裁(寺尾亮裁判官)であった。検察側は懲役3年と追徴金275万円を求刑、弁護側は執行猶予付きの判決を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録