京アニ、公判日程決まらず 責任能力争点か、逮捕1年

36人が死亡した京都アニメーション放火殺人事件で、青葉真司被告(43)が逮捕されて27日で1年となる。事件で被告が大やけどを負ったことや、刑事責任能力を調べるために鑑定留置されていたこともあり、裁判員裁判の初公判まで時間を要している。裁判で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録