【妊娠届過去最少】対策実らずコロナ追い打ち 先行き不安「妊活」延期も

 出生数と出生率の推移
 出生数と出生率の推移
昨年の妊娠届が過去最少を更新し、約半世紀にわたって減少傾向にある出生数は70万人台突入が濃厚となった。政府は保育所の整備や幼児教育・保育無償化など少子化解消を試みるが、どれも決定打とはならず、新型コロナウイルス感染拡大が追い打ちを掛ける。先.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録