【縄文遺跡群が世界遺産へ】「地元の努力に敬意」 文化庁会見

「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産の登録勧告を受け、文化庁は26日の記者会見で喜びをにじませ「地元の皆さまの努力に改めて敬意を表したい」(篠田智志文化資源活用課長)と語った。勧告には遺跡の保存管理、地元関係者らの一層の関わりを促す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録