新たなデジタル資産に脚光 75億円で取引のアートも

 デジタルアート「エブリデーズ 最初の5千日」の作家マイク・ウィンケルマンさん(英クリスティーズ提供・共同)
 デジタルアート「エブリデーズ 最初の5千日」の作家マイク・ウィンケルマンさん(英クリスティーズ提供・共同)
美術業界でデジタルアートが高額で取引される例が目立っている。複製や改ざんが不可能な新たなデジタル資産「非代替性トークン(NFT)」の登場が背景に。デジタル資産を「所有」することが可能になると脚光を浴び、企業やクリエーターの取引参入も相次ぐ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録