【連載・世界のJOMONへ】第1部 是川遺跡発掘100年(5・完)挑戦

2011年にオープンした八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館。奥には整備が進む一王寺遺跡が見える=19年11月、八戸市
現在、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産として、2021年の世界文化遺産登録を目指している八戸市の是川石器時代遺跡。昨年は同遺跡付近の風張1遺跡から出土した合掌土偶が国宝指定から10周年を迎えたほか、今年は泉山兄弟による遺跡発掘が10.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録