【連載・世界のJOMONへ】第1部 是川遺跡発掘100年(3)発掘魂

中居遺跡の発掘調査の様子。水が湧き出てくるため、階段状に掘り下げながら作業を進める=2000年、八戸市(市埋蔵文化財センター提供)
是川遺跡に魅了された研究者たちの“発掘魂”は、泉山岩次郎・斐次郎(あやじろう)兄弟から出土品を寄贈された八戸市が引き継いだ。市は1963年、国の重要文化財に指定された出土品を収蔵・展示する施設「是川考古館」を中居遺跡内に建設。遺跡から出土し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録