【連載・世界のJOMONへ】第1部 是川遺跡発掘100年(2)“是川産”出土品

【写真説明】是川遺跡を調査した研究者たち。前列左から2人目が大山柏氏、後列右から5人目が喜田貞吉氏(泉山家提供)
今から約1万数千年前、日本列島には、海の魚や木の実などを採り、文様が施された土器を使って暮らす人々がいた。約1万年の間、気候や自然環境の変化に適応しながら続いたとされる縄文時代。八戸市是川には、前・中・晩期の遺跡が残されている。出土した土器.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録