八戸・鮫神楽演舞を小中学生ら披露

番楽を舞う(左から)馬渡悠さん、髙嶋ちはるさん、馬渡光君
番楽を舞う(左から)馬渡悠さん、髙嶋ちはるさん、馬渡光君
八戸市の鮫神楽保存会(柾谷伸夫会長)は20日、鮫公民館で発表会を開いた。同会の小中学生ら4人が、鮫地区の安寧と繁栄を願って鮫神楽を舞い、息のそろった勇壮な演舞で観客を魅了した。 鮫神楽は200年以上続く伝統ある郷土芸能。例年、鮫生活館で盛大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録