同大生一気飲み死亡で提訴 「安全配慮怠った」と母親

同志社大(京都市)のダンスサークルの合宿で2016年、一気飲みをした大学1年の男性=当時(19)=が死亡したのは、大学側が安全配慮義務を怠ったからだとして、男性の母親が大学に1千万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴したことが25日、分かった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録