日本の介護施設で働く外国人 地域住民と交流2割どまり

 外国人介護職の地域住民との関わり
 外国人介護職の地域住民との関わり
日本の介護施設で技能実習や特定技能などの在留資格で働く外国人のうち、地域住民と交流がある人は約2割にとどまることが厚生労働省の委託調査で分かった。識者からは「受け入れ事業者は安価な労働力ではなく、地域で暮らす一員として、住民との相互理解を支.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録