天鐘(5月26日)

「奇跡は起きるためにある」。十和田市出身の作家・川上健一さんの持論は、半生に重なる。初めて小説を手に取ったのは20歳。恋した女性に勧められた。やがて本に夢中となり、27歳で書いた作品が小説現代新人賞に▼文字が嫌いだった少年は、導かれるように.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録