【案里氏陣営1・5億円投入】二階氏関与有無で自民混乱 主導権争い見方も

 自民党幹部らの発言
 自民党幹部らの発言
2019年参院選広島選挙区の買収事件で有罪が確定した河井案里氏陣営への1億5千万円投入を巡り、自民党内が混乱している。二階俊博幹事長や甘利明元選対委員長が関与を否定し「責任をなすり付け合った」(中堅)ためだ。24日に二階氏が一定の責任を認め.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録