【県春季高校野球】工大二、無念の零敗 大会では多くの収穫

【3位決定戦・東義―工大二】5回工大二2死二塁、佐々木直翔の右前打で二走濱道颯太が本塁を狙うが、アウトとなる=長根
【3位決定戦・東義―工大二】5回工大二2死二塁、佐々木直翔の右前打で二走濱道颯太が本塁を狙うが、アウトとなる=長根
工大二はエース酒田凜が5回11安打7失点で降板。打線も毎回走者を出しながら、走塁ミスや相手の堅守もあって本塁を踏むことができず、無念の零敗となった。 酒田は「自分なりに良い球を投げていたと思うが、相手の実力が上だった」と肩を落とした。濱道颯.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録