被告男が妻殺害、遺棄の罪認める/盛岡地裁初公判

岩手県一関市の自宅で妻=当時(36)=の首を絞め殺害し、山林に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた無職の被告男(37)の裁判員裁判初公判が24日、盛岡地裁(加藤亮裁判長)で開かれ、男は「間違いありません」と起訴内容を認めた。 検察側.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録