宮城の2被告、起訴内容認める/陸奥湾ナマコ密漁

陸奥湾でナマコ約802・5キロを密漁したとして漁業法違反の罪に問われた宮城県東松島市矢本、無職A男(51)と同石巻市羽黒町、無職B男(53)の初公判が24日、青森地裁(長橋政司裁判官)であり、両被告は起訴内容を認めた。 検察側は冒頭陳述で、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録