時評(5月24日)

十和田市議が市職員に不当な圧力をかけた疑いがあるとして市議会が設置した百条委員会「パワーハラスメント調査特別委員会」。審議は終盤に入ったが、一連の過程は、いずれも小山田久市長を支える立場の2大会派による勢力争いと映る。委員会は明確な根拠の下.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録