【県春季高校野球】東義・齊藤、勝敗分けた一球悔む

東義が延長の末、昨秋の県王者・八学光星に敗れた。九回から3番手としてマウンドに上がり、十回に勝ち越し打を浴びた齊藤黎央は「初球の直球が甘く入ってしまった」と勝敗を分けた一球を悔やんだ。 三回に同点に追い付かれたものの、四回以降は角田楓斗、五.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録