【県春季高校野球】工大一、勝利への執念 八回に猛攻

工大一が今春の地区大会、地区予選で大勝していた工大二に苦戦した。3点を先制しながら、途中2度リードを許す厳しい展開だったが、土壇場で勝利への執念を発揮し、2014年以来7年ぶりの決勝に名乗りを上げた。 八回の猛攻の火付け役となったのは、先頭.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録