八戸南部氏庭園 春の開園 24日まで

春の開園が始まった八戸南部氏庭園
春の開園が始まった八戸南部氏庭園
八戸市売市4丁目の八戸南部氏庭園で21日、春の開園が始まった。来場者が樹齢数百年といわれるモミの木や松、ツツジなど美しい景観を楽しんでいる。24日まで。 同庭園は、1847年に八戸藩が南部信順(のぶゆき)公を9代藩主として、薩摩藩から養子に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録