【緊急宣言の延長論拡大】対策手詰まり、見えぬ出口戦略 地方に募る危機感

東京都など9都道府県が対象の新型コロナウイルス緊急事態宣言を巡り、政府内で31日までの期限内での全面解除は難しいとして再延長論が拡大した。酒類提供停止など強力な対策にもかかわらず、東京では目立った感染者数減につながっていない。感染力が強い変.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録