【アストラ製使用見送り】血栓報告に慎重対応 米2社製で間に合わせ

 各国のアストラゼネカ製ワクチンの扱い
 各国のアストラゼネカ製ワクチンの扱い
厚生労働省は21日、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを正式承認したものの、公費による接種の対象外とし、当面使用を見送ることを決めた。海外で接種後ごくまれに血栓の発症が報告されていることを重視し、慎重な対応を取ることにした形だ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録