農作物でシカ、早く成長 妊娠率上昇、食害拡大も

 調査地で牧草を食べるシカ=2017年(農研機構提供)
 調査地で牧草を食べるシカ=2017年(農研機構提供)
牧草や野菜などの農作物を食べた野生のニホンジカは、そうでないシカよりも早く成長し、妊娠率が上昇するとの研究結果を農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構、茨城県つくば市)のチームがまとめ、米科学誌に発表した。研究員は「農作物への依存度が高い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録