砂子食堂(久慈)が破産手続き開始

民間信用調査会社の東京商工リサーチ八戸支店によると、久慈市の中華料理店経営「砂子食堂」(砂子吉章社長)が11日付で、盛岡地裁二戸支部から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は約1315万円。破産管財人には齊藤拓弁護士(同市)が選任された。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録