新造イージス9千億円試算 コスト大幅増

防衛省・自衛隊内で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策として新造する「イージス・システム搭載艦」2隻の導入コストや補修、燃料など維持整備費を含めた総経費について、現時点で少なくとも9千億円近くかかると試算していることが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録