東北新幹線の架線に傘 七戸十和田―八戸間で一時運転見合わせ

21日午前8時50分ごろ、青森県内の東北新幹線七戸十和田―八戸間で、傘が架線に引っ掛かっていると、巡回中のJR東日本の関係会社社員から連絡があった。八戸―新青森間の上下線で一時運転を見合わせて撤去に当たり、約1時間後に運転を再開した。 JR.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録