Free鹿友会が植樹1万本達成 今年は色鮮やかなツツジ/八戸

ツツジを植える参加者
ツツジを植える参加者

鹿島建設八戸出張所と協力業者44社で構成する鹿友会(立花保雄会長)は14日、八戸市の長者まつりんぐ広場で植樹祭を行った。今年は色鮮やかなツツジ200本を植え、活動開始から1万本の植樹を達成し、緑豊かなまちづくりに貢献した。

 設立50年目の同会は市内の環境美化を目的に、1976年から神田山緑地、2006年から白山台公園、17年から同広場で植樹活動を行っており、今年で45回目となった。

 同日の植樹祭では、立花会長が小林眞市長に目録を手渡し、感謝状を贈呈された。その後、参加者約50人が手分けして広場内にツツジを植樹した。

 立花会長は取材に対し、「これから100年後も200年後もツツジが受け継がれてほしい。今後も活動を続けていく」と意気込んだ。

お気に入り登録