脱炭素投資加速へ財源確保を 岩手など34道府県の協議会提言

 提言書を提出した自然エネルギー協議会の飯泉嘉門会長(画面)と笹川博義環境副大臣=20日午後、環境省
 提言書を提出した自然エネルギー協議会の飯泉嘉門会長(画面)と笹川博義環境副大臣=20日午後、環境省
岩手など全国34の道府県や企業でつくる自然エネルギー協議会は20日、脱炭素社会の実現に向けた地域への投資を加速するため、基金の創設など財源の確保を求める提言書を政府に提出した。欧州などでは、新型コロナウイルス流行で傷んだ経済の復興と、環境保.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録