委員半数が「パワハラあり」の認識 十和田市百条委、結論は次回以降

新年度予算の編成過程で、十和田市議が市職員に不当な圧力をかけた疑いがあるとして、市議会が設置した「パワーハラスメント調査特別委員会」(百条委員会)は19日、調査結果の取りまとめに入った。同日は各委員が個人の見解を述べ、委員長を除く7人のうち.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録