【リコール署名偽造事件】制度の盲点突き悪用か 住民運動に影響も

 リコール手続きの流れ
 リコール手続きの流れ
愛知県の大村秀章知事リコール運動を巡る署名偽造事件は、運動事務局長らが逮捕される事態に発展した。提出署名の8割が無効と判断された前代未聞の不正は、法定数に達しなければ通常、署名の有効性を審査されない制度の盲点を突き、運動の成果を示そうと悪用.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録