ニホンイトヨリ、種子島で国内初確認 200年以上前、日本産と誤り命名

 ニホンイトヨリ=2020年1月、鹿児島市(鹿児島大総合研究博物館提供)
 ニホンイトヨリ=2020年1月、鹿児島市(鹿児島大総合研究博物館提供)
鹿児島大総合研究博物館などの研究チームは19日までに、昨年1月に鹿児島県・種子島で釣り上げられた魚をイトヨリダイ科の「ニホンイトヨリ」と特定し、国内で初確認したと発表した。主に台湾や東南アジア周辺海域などに生息。200年以上前に「日本産」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録