空爆続くガザ「次の標的は自分か」/国連機関職員の吉田さん(八戸出身)

 国連パレスチナ難民救済事業機関の学校で、子どもたちと写真に納まる吉田美紀さん(奥中央右)=2019年1月、パレスチナ自治区ガザ(吉田さん提供・共同)
 国連パレスチナ難民救済事業機関の学校で、子どもたちと写真に納まる吉田美紀さん(奥中央右)=2019年1月、パレスチナ自治区ガザ(吉田さん提供・共同)
【カイロ共同=日出間翔平】イスラエル軍の空爆が続くパレスチナ自治区ガザで、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)職員として働く吉田美紀さん(37)が18日までにオンラインで共同通信の取材に応じ「ガザに逃げ場はない。次は自分たちの建物が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録