【コロナ影響長期化】景気「K字形」、進む格差 しわ寄せ非正規に集中

 企業業績や雇用の格差
 企業業績や雇用の格差
1~3月期の国内総生産(GDP)は新型コロナウイルスの流行長期化で減少に転じた。感染対策は飲食など特定の業界に負担が偏り、しわ寄せは非正規で働く人らに集中。「ワクチン次第」となった景気の先行きは、企業、家計ともに格差が広がる「K字形」の様相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録