【自宅・宿泊療養者】意識が混濁「死を覚悟」のコロナ感染者も

 大阪市内で取材に応じ、新型コロナウイルスに感染して一時自宅療養していた時のことを振り返る男性=17日
 大阪市内で取材に応じ、新型コロナウイルスに感染して一時自宅療養していた時のことを振り返る男性=17日
新型コロナウイルスに感染し、自宅や宿泊療養中に死亡した人が少なくとも78人に上った。感染急拡大で病床が埋まり、入院を希望してもかなわない現実が背景にある。意識が混濁し「死を覚悟した」と回復後に振り返った感染者。重症化しやすい変異株の猛威を前.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録