【県春季高校野球】八学光星、中盤逆転で辛くも勝利

【八戸西―八学光星】5回八学光星1死満塁、浦野詠仁が右翼線へ2点二塁打を放ち5-5とする=長根
【八戸西―八学光星】5回八学光星1死満塁、浦野詠仁が右翼線へ2点二塁打を放ち5-5とする=長根
八学光星は打線が技巧派投手に苦しみ、先発投手も崩れて一時は3点のビハインドを背負ったが、五回に試合を引っ繰り返して辛くも逃げ切った。五回の好機で同点打となる二塁打を放った浦野詠仁は「打線で左打者は自分だけ。何とか打ちたかった。甘い直球を打つ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録