【県春季高校野球】工大二・上野がマウンドで躍動 4強入り原動力に

工大二の背番号18がマウンド上で躍動した。2年生左腕・上野芳輝が持ち前の制球力を武器に、五所川原打線を7回4安打9三振、無四球で零封。春の県大会では初の4強入りの原動力となった。上野は「投げたい球を思い通りのコースに投げられた」と、会心の投.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録