東通原発の審査「前進した」 東北電青森支店長、議論の進展強調

審査会合の状況を説明する岩渕伸一支店長=18日、青森市
審査会合の状況を説明する岩渕伸一支店長=18日、青森市
東北電力青森支店の岩渕伸一支店長は18日の定例会見で、東通原発(東通村)再稼働の前提となる新規制基準への適合性審査で、海洋プレート内地震の審議がおおむね終わったことに触れ、「さらに前進したと考えている」と述べ、議論の進展を強調した。 原子力.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録